出会い系サイトに登録して出会えた体験談と、口コミ評価・評判を独自にまとめて掲載中!最新情報もお見逃しなく!
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理人れいう゛んのぶっちゃけ話、続き書きます。


ぶっちゃけ話
↑前の記事はこちら。



出会い系を使わなくても、十分な出会いがあって、実はモテる、という所まで書きましたね。
どこでどのような出会いをして、どのようにしてモテてるのか?
今回はそれを書きます。











ドミトリー(相部屋)イメージ画像


この記事を読んでいるあなたは、「ゲストハウス」をご存知ですか?

結婚式場の方ではありません。
宿泊施設の方です。

日本におけるゲストハウスは、15年前に誕生しました。
そして5~3年前ぐらいから、静かにブームが始まりました。
どういう宿泊施設なのか?何故ブームになったのか?
既にご存知の方であれば、わざわざ説明する必要はないかと思いますが、ご存知ない方のために書きます。


ゲストハウスとは...



ホテルや旅館における、アメニティなどのサービスを省き(オプションにし)、宿泊費を安く抑えた、相部屋主体の宿泊施設です。



相部屋なら1泊あたり、沖縄なら500円~2000円、北海道なら2500~3500円、それ以外の日本の地域は2000~3000円が相場です。
狭い空間に二段ベッドや三段ベッドをぶち込み、宿泊人数を増やして利益を得るスタンスの所が殆ど。
個室を選択できるゲストハウスもあります。
とはいえ、プライバシーをある程度犠牲にしてでも、安く泊まれるのが最大の魅力と言えます。


で。


ゲストハウス毎に特徴がある中で、多くのゲストハウスは、食事スペースが共用になってます。
風呂(シャワー)、キッチンも共用なのですが、それは話の本筋とは関係ないので省きます。

この共用ルームで、宿泊者同士、またはゲストハウススタッフとお客さんが交流し、「あ、目的地同じなんだー。じゃあ、レンタカー同乗しない?」とか、「明日空いてるから、良かったら僕が案内するよ!」などという展開も結構あるわけです。













ゲストハウスでの交流を表した画像


元々が営業マンだったれいう゛んは、こうした交流や対人関係で物怖じする事がありません。

旅先で楽しい時間を共有した者同士は、自然と仲良くなります。
同性間はもちろん、男女の仲も急接近し、結婚まで至った話もしばしば聞きます。

れいう゛んも例外ではなく、会社員だった頃の男女の出会いが非常に限定された状況から、一気に出会いの数が増えました。
旅の案内をしたり、悩みの相談に乗ったり、酒飲んでワーワーしたり...色々あった中で...



出会ってから24時間以内にセックスに至ったケースは7例



という、ネット上の出会い系サイトを使う意義が感じられない結果になりました。

あ!誤解しないでくださいね。
最初から「こいつとセックスしてぇ」と思って、そういう話の持って行き方をしたわけじゃありません。
そういうエロ目的の奴もゲストハウスに紛れ込んで来ますが、大抵失敗してます。



人と人として向き合った結果相手の女性が私とセックスする事を望んだ



という、この部分を忘れてはいけないです。
もちろん、セックスを望まれなかったケースもあります。
この人いいな、と思ってアプローチかけたけど男女の仲にはならなかった例もあります。
そういう例も含むと、7の倍である14~15例が、良い流れになった、と言えます。
男女のそれがなかったからといって、関係が悪くなったわけじゃなく、人と人、つまり友達として今でも繋がりがある人も多いです。











出会いイメージ画像


そんな「リアル出会い系」と言えるゲストハウスですが、ゲストハウスならどこでもそのような出会いが期待できるかといえばそうではありません。
中には交流に向かない造りのゲストハウスもありますし、来客が少ない時期もあります。
出会いを求めるなら、あなたが行く先にあるどのゲストハウスが交流に向いてるのか、事前に調べておく必要があります。

そしてもう1つ、残念な事に、ゲストハウス自体が全国的にまだ数が少ないです。
既にブームが来ており、2015年現在、空白の都道府県はないんじゃないかというぐらいゲストハウスは広がりましたが、主要都市以外はまだまだ少ないのが現状で、選択肢自体がない可能性も高いです。


そんな今年、Airbnbというサービスが日本に進出して知名度を上げ、「民泊」ブームが巻き起こりました。
「自宅が宿泊施設」「プチゲストハウス」というこの民泊、将来的にゲストハウスを超える可能性を秘めてます。

そこでこのれいう゛ん...



自分で民泊始めました



岡山民泊
↑これ。



今のところこの岡山の2軒だけですが、上手く行くようでしたら全国に広げる考えです。
将来的には、最強のリアル出会い系コンテンツとしての要素をしっかり持った、「ゲストハウス」「民泊」を提供できるようになりたいと考えてます。



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://deathknight0704.blog.fc2.com/tb.php/380-c7c091d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。